バッチフラワー・レメディとは

バッチフラワーレメディは、お花を始めとした植物の”エネルギー”を水に転写した「フラワーエッセンス」と呼ばれるもので、そのエネルギーによって心身のバランスを整えようとする1936年のイギリスで生まれた自然療法です。

自分で気軽にできるストレスマネージメントのひとつと考えてもよいでしょう。


混同されやすいのですが、精油やハーブではありません。

小ぶりの10mlの「ストックボトル」に入っている「成分」はみんな同じで、お水と保存料の他は何も検出されません。ですから、これらの”物質が”体や心の不調に”直接”作用して何らかの働きをするものではありません。


バッチフラワーレメディは、植物たちの不思議なエネルギーが私たちの感情を安定させ、その結果肉体の自然治癒力をも平常にもどすという、あらゆる不調に”間接的に”作用するものと考えられています。


しかし、バッチフラワーレメディがなぜそのような効果を及ぼすのかは、まだ科学的に解明されていません。

ですが、意識がない人や赤ちゃん、人間以外の動植物にも効果が認められていますので、いわゆるプラシーボ(※)ではないといわれます。


※ プラシーボ:効果があると信じることで、効いたように作用すること。風邪薬だと信じて飲めば、胃腸薬でもお熱が下がるということですね。


さくらのバッチフラワーレメディ・コンサルテーション



さくらバッチフラワーセラピー

福岡県筑紫野市で自分らしく豊かに過ごすためのコンサルテーションと少人数制のクラスを開いています。