ワイルドローズ

「もうどうなってもいい」

「どうせ人生こんなもの」

「こうなる運命だったんだ」

「どの方向に行っても構わない」


ワイルドローズ 37.Wild Rose (和名:西洋野バラ)

【ネガティブ】 無力感、あきらめ

【ポジティブ】 生き生きと楽しみや目的をもつ

◆キーワード◆ 情熱


このレメディが必要な人は、今の不満足である自分の現状をそのまま受け入れ、自分の人生を放棄し内面的にも無気力になっています。突然仕事を解雇されたとしても、抗議もせずに…抗議する気力もなく…肩をすくめて荷物をまとめ始めます。


彼らは、落ち込むどころか絶望しきっています。もう、いかなることをしても自分の状況を変えることは決して出来ないと思っています。


こんなときにワイルドローズをとると、次第に活力が戻ってくるのが感じられるようになります。日が経つにつれて喜びに満ちた期待と好奇心が戻り、人生に対する興味や情熱がもたらさせるようになります。


一時的に無気力になっているときにも使います。


ところで、同じような絶望・諦めの心境に利用されるレメディは複数ありますが、それらを区別するのによい例えがあります。

「深い穴に落ち、自分で考えられるあらゆる手段を試しても脱出できないときに、上からするするとロープが降りてきました。そのとき、あなたは…」


★ どうせダメだと試そうともしない…「ゴース

★ ロープにやみくもに捕まろとする…「スィートチェストナット

★ ロープには気がつくが手に取ろうとも思わない…「ワイルドローズ」

さくらバッチフラワーセラピー

福岡県筑紫野市で自分らしく豊かに過ごすためのコンサルテーションと少人数制のクラスを開いています。