肉体を維持&健康にするための姿勢2

以前知人が腰を患ったとき、少しでも腰に負担がかかる姿勢をとると激痛が走るため、結果的に骨盤を立てて背筋を正しくして過ごさざるを得なかったのですが、このとき、「そっくり返っているみたいで今にも後ろに倒れそう」だと言っていたのが印象的です。

私からすると見事なほど美しい立ち姿勢だったのですが(笑)

普段、いかに無意識によろしくない姿勢でいるのか、それが習慣化されてしまっているのかがわかる事例だと思います。


かかとが高いハイヒールを履いてずっと過ごしている方も要注意です。

お越しになったゲストに靴を脱いでその場で立っていただいたところ、かなり不自然な姿勢で、しかもそのことに全く無自覚でいらしたので、鏡を二枚、その方の前方と側方に立てて見ていただいたところ、その不格好さにご本人もとても驚いていらっしゃいましたっけ。


そんなわけで今回は、美しくなれる”肉体にとって”正しい姿勢(立位)をご紹介します。

猫背など、姿勢がよろしくないひとはおそらく苦しいと思ういますが、ぜひ試してくださいね。


1.足の五本の指をしっかりと全部使って床を(靴の底を)ギュッとつかむように立つ。

床や靴の中敷を五本の指でしっかり掴む感覚で立ったり歩いたりすること。

指をしっかり使う習慣がないと偏平足になって膝や腰に負担がかかりますし、全身が歪む原因にもなります。


2.爪先はヒザと同方向にする。

私たちの膝は、通常、爪先と同じか少しだけ外側を向いています。

学校などで習った「気をつけ」の姿勢は、かかとを付けて爪先を外側に向けていますよね。でも、股関節からではなく膝下だけを外側に捻って立っている人がいます。

これを長時間続けると必ず膝痛、腰痛になります。


3.膝は前後に軽く動くくらいゆるめて立つ

膝関節にはクッションの役目もあります。

ですから、ピンと伸ばしすぎると膝だけでなく足首や腰の不調の原因にもなります。

もちろん、それとわかるほど膝を曲げて立ったり歩いたりしては違う部位に負担がきますので、緩めるのはホンの少しにしてくださいね。


4.お尻のほっぺと下腹部に軽く力を入れる。

お尻のほっぺを軽く引き締めるのは、ヒップアップするだけでなくお尻の横広がりをも防ぎます

また、下腹部に意識を持って行って軽く力を込めると腹直筋…胸の骨である「胸骨」と骨盤の前面の「恥骨」にかけてあります…が引き締まって骨盤が安定します。


5.目線(頭)を上げる。

ここが個人的にものすごく強調したいところなのですが。

かかとの上に腰、その上に肩、その上に耳の穴が来るようにしてください。

それから、胸は張らずにアゴを軽く引いて後頭部を引き上げてくださいね。


この姿勢では自然に胸が開きますので、さらに開こうとするより胸部を持ちあげるイメージをした方がいいと思います。


6.腕は自然に横に下ろします。


以上、ぜひ、お試しください。

さくらバッチフラワーセラピー

福岡県筑紫野市で自分らしく豊かに過ごすためのコンサルテーションと少人数制のクラスを開いています。