Q:セッションを受けずにブレンド済みのバッチフラワーが欲しい1

写真素材-フォトライブラリー

体調を壊して病院に行くと、お医者さまから診察していただいてお薬を貰って帰ってきますよね。で、その場合、多めにお薬を処方していただくこともできますよね。

例えば、かかりつけの病院が遠いうえに待ち時間が長くて、そんなにしょっちゅう仕事を休むわけには行かないから、飲むものが同じであればちょっと多めに出してもらうとか。

もしくは電話で現在の様子をお話しして、変わらないからということで窓口でお薬だけ貰って帰ってくるとか。

今もソレが出来るかどうか、最近はぜんぜん病院のお世話になってないのでわかりませんが、以前はそういうこともありだったような気がします(笑)


で、前置きが長いですけど バッチのコンサルでも同じことができないでしょうか、とご相談を受けたことがあります。


つまり、

ある一定期間飲んでみたけどほとんど変わらないから、以前ブレンドしてもらったものと全く同じものを代引きで送ってほしい。この場合、セッションなしだからセッション料金はかからないのでは。

といったことですね。


大変申し訳ないのですが、それはしていません。


少なくとも、私のところではコンサルーションなしでブレンド済みのトリートメントボトルだけをお渡しすることはありません。ブレンドしたバッチフラワーレメディを希望される場合は、必ずコンサルテーションもお受けいただいています。


その理由、ひとつめ。

ネガティブな感情に振り回されなくなるには、その時の感情にマッチしたフラワーエッセンスを取る必要があります。

ご本人にはその自覚がなくても、そのひとのためにブレンドされたフラワーエッセンスを一定期間お取になったとすれば、必ず、何らかの変化があります。すると、それまで必要としていたフラワーエッセンスに代わって新たなものを加えたり、あるいは今までのものを止めることになります。


ブレンドするフラワーエッセンスが前回のものとがらりと変わることが珍しくありません。核になる一種類あるいは二種類は変わらない可能性はありますが、そのほかは面白いほどコロコロ変わります。


そして自分に合ったフラワーエッセンスをとるには、ご面倒でもその度に自分の心に相対する必要があります。


続きます。

◆ バッチフラワー・レメディ コンサルテーション



さくらバッチフラワーセラピー

福岡県筑紫野市で自分らしく豊かに過ごすためのコンサルテーションと少人数制のクラスを開いています。